読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

not simple

デザインと言葉の実験です

調布花火大会 2015、写真とか料理とか

ありがたいことにベランダから見えるので、毎年見ている調布花火大会。

毎回、調布界隈の飲み仲間友人たちを呼んで見るのが恒例。調布愛ある。

で、毎年適当に花火の写真はとってるんだけど、なんとなく今回はちゃんと撮ってみよう、と、

花火の写真

セッティング

f:id:ottiee:20150824000956j:plain

メイン機で使ってるオリンパスOM-D E-M1。レンズはZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDをマウントアダプターつけて装着。

なんとなく記憶に残ってる写真はこのレンズか、ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macroが多い気がする。

レリーズも忘れずに。レリーズは、シャッター切るリモコンみたいなもので、互換品をAmazonで1,000円くらいのやつ。充分です。

マニュアルで無限遠、ISO100/F11でのバルブ撮影(シャッター押してる間ずっとシャッターが開いてる)定番花火撮影セッティングで、ちょいちょいいじくりながら撮影。

三脚もAmazonで3,000円くらいの。

www.amazon.co.jp

Amazonに依存してる生活。これ結構作りがしっかりしててよかった。 三脚って、なんか抵抗があったんだけど、これたぶん自分がガチ勢だと思いたくなかったという心理的なそれだったのかも。

撮影

花火はどの位置まであがるか、どう開くかは想定できないので、あとはひたすらシャッター切るしか無い。 不確定要素が多いのでそのぶん面白いなあ。1時間で120枚くらい撮ったけど、まあこれっていうのは10枚くらい。

f:id:ottiee:20150824002552j:plain

いちばん花火らしい感じ。


f:id:ottiee:20150824002840j:plain

個人的には一番好きなやつ。


f:id:ottiee:20150824002914j:plain

こんなちょっと変なのも。


f:id:ottiee:20150824002924j:plain

これもちょっと変な感じ。


f:id:ottiee:20150824002957j:plain

緑がきれいに出たやつ。


f:id:ottiee:20150824003025j:plain

炸裂感ある。


f:id:ottiee:20150824003032j:plain

青がきれい。


f:id:ottiee:20150824003045j:plain

ピンクがきれい。


f:id:ottiee:20150824003011j:plain

こじんまりした感じ。


f:id:ottiee:20150824003058j:plain

彩度落とし気味。けっこう好き。


f:id:ottiee:20150824003123j:plain

ちょっと位置をずらして。


花火の写真撮影は楽しい。今度はベランダからじゃなくて、どっか行ってみようかな。

料理とか

花火大会が終わって、人がぱらぱら集まりだして、おもむろに料理をつくりだす。 写真は友人が撮ってくれたものをそのまま拝借。

f:id:ottiee:20150824003608j:plain

人は独身をこじらせるとキッチンにこだわりはじめる。


f:id:ottiee:20150824003333j:plain

なぜか恒例となっているニョッキ。クリームとかチーズ系は味の組み立てが簡単なので楽。すごく早く茹で上がるし。


f:id:ottiee:20150824003516j:plain

頂き物のレバーテーゼ。近所のお肉屋さんに売ってる。超うまい。


f:id:ottiee:20150824003550j:plain

カマンベールチーズとベーコンをあれこれしたもの。


f:id:ottiee:20150824003821j:plain

今回一番やりたかったやつ。先週、敬愛する平野レミさんが生放送で披露したアレです。

jin115.com


f:id:ottiee:20150824004226j:plain

パエリア。基本的に米と具材を炊くだけなので超簡単。サフラン高いのだけが難点。


あと、鶏肉の煮込みのカレー風味みたいの作ったけど、だいたいみんなとお酒飲みながら料理するので、当然レシピとか覚えてない。 基本的に計量しないのもあって味ブレがあると思うけど、まあ完食されてるから大丈夫なんだろう(と信じたい)。


ラストあたりにグラス落として右小指に裂傷を負いました。飲みすぎだ。 すごくゆる〜い呼びかけだったけど、15人くらいになったのかな。調布の友人たちに感謝。

以上、調布愛に溢れた独身をこじらせたブログでした。