読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

not simple

デザインと言葉の実験です

バリの話

アート 写真 美術館 お出かけ

少し遅めの夏休みをいただいたので、バリ島に行ってきました。その顛末です。

初日は深夜到着、最終日が早朝発というスケジュールで、実質3日でけっこう強行でした。

初日

f:id:ottiee:20160904120150j:plain

到着です。バリの空港でかい。

ここから今回滞在したヴィラまでは車で30分くらい。


ついた。

f:id:ottiee:20160904120348j:plain

泊まったのは MACA VILLAS & SPA BALI というとこです。

深夜の写真なので分かりづらいので昼の写真を。


f:id:ottiee:20160909205625j:plain

過剰に広い。


f:id:ottiee:20160909205655j:plain

部屋にプールが併設。リゾート感強い。


f:id:ottiee:20160909205720j:plain

バスルームにガラスを使うとラブホ感でることは有名な話です。


ゆったり過ごしたいところですが、現地時間で午前3:30くらいにチェックイン。午前8:00スタートの寺巡りツアーが待っていますが睡眠とは?


2日目

結局ほぼNo睡眠で午前8:00から午後8:00までツアーの予定詰まってるけどそこは旅行テンションで乗り切ります。

ちなみにツアーは参加者が僕のグループしかいなかったので、プライベートツアーみたいな体になりました。

ガイドさん気が利きすぎて日本語・英語もできて最高でした。


朝ごはん

f:id:ottiee:20160909210514j:plain

ヴィラの朝食が最高過ぎました。

今更ながらエッグベネディクトって初めて食べました。普段朝食べない人なんですが、旅行に行くと食べ過ぎるパターンの人でもあります。


チュルツ

銀細工の街だそうです。

銀細工でも石や木の彫刻でもそうなんですが、バリの工芸は過剰なまでの精密な彫りが特徴だなと感じました。中心街から離れるとだいぶ田舎感が強い。

f:id:ottiee:20160904121053j:plain

のどか。


民家

f:id:ottiee:20160904121222j:plain

ガイドさん・現地の人のご好意により一般住宅を見学させていただきました。

バリの住宅の建築で特徴的なのは、敷地内に個人のお寺があることだそうで、他にも「年を重ねた叔父叔母は半外のスペースで寝る」「末子が親の面倒をみる」など学びがありました。


f:id:ottiee:20160904121258j:plain

鶏がいました。


ゴアガジャ

f:id:ottiee:20160907000154j:plain

ヒンドゥーの神様(魔女という説もある)の顔をかたどった門が印象的な遺跡です。

かつてはこの内部で僧侶が断食の修行をしていたそうです。中に入ると結構怖い。建物が損壊してもあえてそのままにしているそう。

次の目的地に向かう途中で、バリのお葬式に遭遇しました。

f:id:ottiee:20160907000235j:plain

山車みたいのが出ているのですがこれが日本でいう棺桶で、村総出でまるでお祭りのような感じです。

日本では沖縄でもお墓の周りで踊ったりと陽気に死者を送り出しますが、南国共通のそれとかあるのでしょうか。


テガララン(棚田)

f:id:ottiee:20160904121557j:plain

バリは山がちなので棚田が多く、気候が穏やかで年中暖かいので3毛作とかするそうです。人が生活のために生み出した技術が美しい光景をつくる、というパターンは大好物です。


お昼ごはん

f:id:ottiee:20160904121951j:plain

ナシ・チャンプルのちょっといい感じのやつです。良さがあります。


ウブド散策

f:id:ottiee:20160907000734j:plain

ウブドはバリの旧都で賑わいがあります。

露天のお土産屋さんが密集している地域があるのですが、基本的にふっかけてくるので、値切り交渉を楽しむという遊びができます。

1回目の交渉で半額、2回目の交渉でその半額とか趣があって良いです。


f:id:ottiee:20160908005123j:plain

その遊びの時に買ったコースター(バリでよく見かけるクラッシュタイルのデザイン)はバーカウンターのボトル置きに採用されました。


プリ・ルキサン美術館

ウブドにある美術館の中でも最もしぶみのある美術館と思われます。

バリ絵画は土着的で伝統的な表現のと、占領後の西洋絵画の文脈、バリの宗教的思想・関連する儀式の原点回帰の流れによって複雑な発展をしているのですが、そのことに関して書き始めると終わらないのでやめます。

撮影OKだったものをいくつか。

f:id:ottiee:20160907000952j:plain

f:id:ottiee:20160907001029j:plain

f:id:ottiee:20160907001046j:plain

ヒンドゥーの神話が題材のものが多いので、知っているとさらに楽しめます。

なお私は3×3EYESきっかけでヒンドゥーの神々に詳しいという黒歴史を持っていますので楽しめました。


ウブド王宮

f:id:ottiee:20160907002315j:plain

良いです。


世界遺産タマン・アユン寺院

f:id:ottiee:20160907002329j:plain

良いです(HPが少なくなってきています)。


f:id:ottiee:20160907002512j:plain

敷地内に猫がいたので一心不乱に撮りまくります。100枚はいってる。


タナロット寺院

f:id:ottiee:20160907002645j:plain

ようやく本日の本命です。HPはガイドさんの差し入れのジャックフルーツおよび猫で回復した模様。

満潮時には入れないせり上がった岩の上に建てられた寺院で、異教徒は立ち入りが禁止です。その佇まいはそれそのものが美しいのですが、日の入りには格別の美しさを見せます。

f:id:ottiee:20160907002746j:plain

他にも自撮り棒を持ったカップルを大量に観察できるのでオススメしています。


夕ご飯

比較的普通のナシチャンプル風のそれだったんですが、なんかすごく辛かった。。。

観光客向けの食堂って感じのとこで美味しさは取り立ててどうこういうものでもなかったんですが、開け放した入口から子猫がご飯をねだりに入ってきてそこに天国があった。


サークルKでビール買って(他のコンビニではビール買えない)ヴィラでだらだら。しようと思っていたら当然のごとく寝落ちしました。

写真がないので、花の写真でもどうぞ。

f:id:ottiee:20160910113810j:plainf:id:ottiee:20160910113830j:plainf:id:ottiee:20160910113845j:plain


お酒事情

バリでは関税&宗教的なあれ(インドネシアのほとんどはイスラム教、バリ島はバリ・ヒンドゥー教が多数)でインドネシア産のお酒以外はべらぼうに高く、ウィスキーとか700mlボトルで9,000円とかします。

必然的にBintangを飲むことになるのですが、お酒好きでビール苦手な人には地獄とも言えます。


3日目

朝ごはん

f:id:ottiee:20160909211118j:plain

プールサイドで食べます。


スミニャック散策

f:id:ottiee:20160907003947j:plain

スミニャックは日本でいうと表参道とか青山に該当する地域で、なんかこうおしゃれな感じですが交通事情がアレなため散策には一定の覚悟が必要です。

詳しくはこちらのエントリを。


ここで遭遇したインドネシアブランドの水着のデザインが良かったので購入。

f:id:ottiee:20160910111644j:plain

なんか男性向け水着のデザインってなんかあれであれなのでこれっていうのに会うのが少ない気がしてます。これはよい。


f:id:ottiee:20160907004046j:plain

あと、バリは野良犬がたくさんいます。みんな人など我関せずなのであまり警戒する必要はありません。


f:id:ottiee:20160910112010j:plain

街中を歩くと、道のいたるところにお花と線香が置かれています。

朝昼晩、決まった時間決まった場所にお供え物をする習慣があるそうです。空港に着いた時からしていた町に漂う良い匂い、甘くて少し香ばしいそれはこれのおかげでした。

地面に置かれているため踏まれたり散らばったりするので、定期的にお掃除されていました。バリが街中がきれいで、東南アジア臭(タイの魚醤臭やパクチー臭)がないのはこの習慣のおかげだと思いました。


お昼ご飯

f:id:ottiee:20160910111058j:plain

バリのご飯はだいたいおいしくて、タイ料理ほど香草や魚醤に頼ってないので東南アジア系の料理が苦手な人も大丈夫。うまい。


ヴィラ&スパ

f:id:ottiee:20160910114016j:plain

ヴィラにプールついてるのでだらーーーーーーっと。ツアーの特典でスパ的な何かがあったので行ってきましたが慣れてないのでそわそわしますね。


f:id:ottiee:20160909205601j:plain

溢れ出るリゾート感。


レゴンダンス&夕ご飯

夜はレゴンダンス&ディナー。

f:id:ottiee:20160910111203j:plain

レゴンダンスです。


f:id:ottiee:20160910114437j:plain

良さげなホテルの敷地で開催されているため良さげなご飯が食べれたのですがイカとエビが最高にうまかったです。


f:id:ottiee:20160910115432j:plain

バリの舞踊はいくつか種類があるのですが、宗教的に行われていたそれをエンターテイメントにしている節があって、占領後の文化保護や復権活動の文脈を考えながら見るとまた趣深いと思われます。

f:id:ottiee:20160910115458j:plain

ですが、単純に肉体表現の美しさにフォーカスしてみるのが小難しくなくて良いです。綺麗です。


f:id:ottiee:20160910114712j:plain

ヴィラ併設のバーで飲みました。バーに行く前に飲み足りないリスクの回避のため、近くのサークルKにビールも買いに行ったんですが10回は「Taxi?」と声かけられたので女性の一人歩きはオススメできません。


4日目

朝ごはん

f:id:ottiee:20160908010643j:plain

ヴィラに持ってきてもらえるので最高感があります。


Potato Head Beach

ガイドさんにオススメしてもらったビーチ。

f:id:ottiee:20160908010745j:plain

f:id:ottiee:20160908010804j:plain

欧米人のリゾート感が強い。ノリで行ったのですが、最高感はこの旅の中でもトップレベル。海の高揚感すごい。


f:id:ottiee:20160910113333j:plain

海はきれいですが、波が高いので不用意に泳ごうとすると危険です。


f:id:ottiee:20160907001309j:plain

おいしい。


お昼ご飯

f:id:ottiee:20160910122408j:plain

ヴィラに戻ってルームサービス。ご飯がおいしいのは正義となります。おいしい。


散策

気になってた雑貨屋さんにてお土産を購入。イギリス人のデザイナーが経営しているショップだそうです。

f:id:ottiee:20160908005100j:plain

f:id:ottiee:20160908005050j:plain

f:id:ottiee:20160908005022j:plain

どこに行っても買うもののデザイン的な傾向は一緒という事案です。


夕ご飯

f:id:ottiee:20160908005438j:plain

カニとエビをたらふく食べます。現地に来てからなんとなく気になってたお店に入ってみましたが大当たりでした。カニよりはエビよりの派閥にいる友人と共に行きましたが、カニ寄りの派閥に加入してくれたようで嬉しい限りです。


最終日

早朝5:00にチェックアウト。さすがに現地の鳥もまだ鳴き始めてない感じ。

ばいばいバリ島。

最高でした。